新年のご挨拶

 あけましておめでとうございます。 

 戌年の2018年は医療福祉の世界にとって大転換の1年になると、ここ数年言われてきました。鹿児島生協病院もその真っ只中にいます。

 自分たちの力量をさらに高めることはもちろんですが、患者さんや利用者さんを紹介してくださる地域の病院、福祉施設などの方々ともっと進化(深化)した連携をしていく所存です。

 そのキーワードはやはり「人権」・「安全」・「地域」です。

 本年も鹿児島生協病院を宜しくお願い致します。

 

2018年1月吉日

総合病院鹿児島生協病院

tenokuchi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

院長 樋之口 洋一